ミャンマー警察は長井さんの遺品のカメラなど返還すべきだ

長井健司さんしのび集会 ミャンマーで殺害され1年(Excite エキサイト : 社会ニュース)2008年9月27日 16時33分共同通信

 映像ジャーナリスト長井健司さんがミャンマーで反政府デモ取材中に殺害されて1年  斜線部記事引用

 人の命を軽く見るミャンマー警察、これは軍政が長く続いているからだろう。本来は仏教国、むやみに人を殺すとは思えない。あるいは意図的に殺害したか?

 日本はミャンマーをある程度支援してきた。だからこそ徹底究明を続けてほしい。
ミャンマー政権は最近恩赦をして政治犯を多く解放した。
 
 長井さんの遺品のカメラなど返還すべきだ。

 もう無い?官には泥棒が多いのだろうか?

  一周忌、長井さんの冥福を祈る、合掌!
[PR]

by hilo-hal | 2008-09-27 17:52 | 国際  

<< イチローは宮本武蔵のように孤高... 飲食料品卸最大手の商社「国分」... >>