警察官撃たれて死亡 逃走の19歳巡査身柄確保 滋賀 彦根

投稿者:Hiloの独り言

投稿日:2018年 4月12日(木)02時10分
皆さん

 井伊大老は幕末に今の警視庁の付近の桜田門外で襲われ斬られて

 不慮の死、

  ニュースの被害者の警官は当時の井伊掃部守直弼より年下かと。

 人生百年時代の若死に無念だったはず、ご冥福を祈ります。

 高卒の若い警官には3年目くらいから性質を見てから拳銃を持たすべきかと

 反省していただきたい。

以下参照ウエブニュース
NHKニュース
◆社会
警察官撃たれて死亡 逃走の19歳巡査身柄確保 滋賀 彦根

11日夜、滋賀県彦根市の交番で41歳の巡査部長が死亡した事件で、警察は巡査部長を拳銃で撃ってその場から逃走したとして、殺人の疑いで行方を捜査していた19歳の巡査の身柄を隣町の愛荘町で確保したということです。
04/12 01:50⇒http://k.nhk.jp/knews/20180412/k10011399771000.html
ニュース・トップへhttp://k.nhk.jp/knews/

*実は井伊大老⇒享年46(満44歳没)

[PR]

by hilo-hal | 2018-04-12 02:10 | 国内ニュース  

<< 家に入るときはカギを! 昔からの常識を確認?老いても... >>