米長期金利 一時2.8%超 4年ぶりの水準に上昇

投稿者:Hilo  投稿日:2018年 2月 3日(土)午前3時
読者各位

 日本や米国の景気 バブル傾向かと

 米連銀は金利を上げてバブルを警戒気味

 マイナス金利というわが国の日銀は米連銀とどう折り合いを

 つけるのだろうか?

  やはり急にまた円安傾向

 日本の平成最後のバブルがあるのだろうか?

 以下参照ウエッブニュース
NHKニュース
◆ビジネス
米長期金利 一時2.8%超 4年ぶりの水準に上昇

2日のニューヨーク債券市場は、アメリカの雇用統計で賃金が高い伸びとなり、物価の上昇率が高まるという見方から、長期金利が一時2.8%を超え、およそ4年ぶりの水準に上昇しました。
02/03 01:15⇒http://k.nhk.jp/knews/20180203/k10011313671000.html
ニュース・トップへhttp://k.nhk.jp/knews/

[PR]

by hilo-hal | 2018-02-03 02:58 | 経済  

<< 日本と大昔から関係深い北朝鮮 ... ”580億円”分流出の通貨 関... >>