トルコのテロ事件 クルド人過激派組織が犯行声明

各 位

 昔、イスタンブールに仕事で二週間くらい滞在。

 市場で魚屋さんと挨拶。名刺をくれて自分はクルド人と名乗った元気な

 若者だった。激しい性格だと見受け、クルド人はエネルギーに満ちて

 いると感じた。トルコ人に恨みがあるのが見え見えというところ。


 トルコはうちにも外にも敵が多く、治安もよくない。

 この国は女性も堂々と仕事していて一見近代的。

 言葉は皆目わからないが東洋系のもので日本語とある意味

 似ているという(が テニオハ あり、語順が似ているとか)。

  しかし英国などが昔引いた国境線のお陰でクルド人が分断

 され、今に至り、こういう事件が起こる遠因となっている。


  英国は世界中でとてつもなく悪いことをしてきた。

 そしてパレスチナ問題の遠因もつくった。

 しかし、英国が国連の5大国で拒否権を持っている現状。

 我が国は国連でかつての敵国扱いがまだ残存。

  サッカーという”ろくでもない”スポーツをもたらしたのも英国。

 今度のサッカースタジアム付近でのひどいテロ。

  敢えて言えば、遠因も原因も会場も英国の悪影響?

 亡くなった方々と遺族にあいとうの意をひょうします!

以下参照ウエッブニュース記事
NHKニュース
◆国際
トルコのテロ事件 クルド人過激派組織が犯行声明

トルコの最大都市イスタンブールのサッカースタジアム付近で市民や警察官38人が死亡したテロ事件で、少数派クルド人の過激派組織が犯行を認める声明を出し、トルコ政府は、取締りを徹底的に行う姿勢を強調しました。
12/12 04:30 http://k.nhk.jp/knews/20161212/k10010803441000.html
ニュース・トップへ http://k.nhk.jp/knews/index.html

http://sijukaracl.exblog.jp/
[PR]

by hilo-hal | 2016-12-12 06:11 | Journal  

<< 米消費者物価 前月比+0.2%... 逮捕の麻薬取締官 うその内容の... >>