英日曜紙「イラン人学者殺害は軍事作戦のプロローグ 核施設をたたくのが効果的か?

自国を掻く攻撃される可能性

イスラエルはこの恐怖を防ぐため

なんだってしたいだろう。

科学者を各個攻撃して滅ぼそうといいわけだろう。

しかし科学者・技術者も優れた交代するものが現れる

可能性。

かつてやったように

核施設をたたくのが効果的だと

その機会をねらっっているのでは?

万一イランがホルムズ海峡封鎖

したときはチャンス到来とばかり施設破壊が行われる可能性。

以下記事
_____

英日曜紙「イラン人学者殺害は軍事作戦のプロローグ」

タグ: 中東, 社会・歴史, 記事一覧, 原子力, イスラエル, 国際, イラン
 
15.01.2012, 18:48
  15日付の英国の日曜紙「サンデータイムズ」は「イスラエルの秘密戦争」という記事の中で、イラン人原子力学者殺害作戦は、イランの原子力施設に対する「軍事攻撃のプロローグだ」と報じた。 新聞はこれを「イスラエルの個人情報筋」からのものとして伝えている。
 記事執筆者は「専門家殺害は、今後起こりうる爆撃の後、イランが自国の原子力産業を復興させるのを困難にさせるためのものだ」と主張している。 なお11日に首都テヘランで殺害されたナタンズ原子力センターの原子力学者モスタファ・アフマディロシャン氏の状況について「サンデータイムズ」は「彼は、イスラエルのエージェント・グループが参加した複雑かつ困難な作戦の対象になった。 この作戦は、ここ2年間で5度目のものだった」と指摘している。
記事全文
引用元: VOR ロシアの声.

Предварительный просмотр
The Voice of Russia
引用元: VOR ロシアの声.




元ネタ記事:http://japanese.ruvr.ru/2012/01/15/63896524.html
[PR]

by hilo-hal | 2012-01-16 11:57 | テロとの戦い  

<< 下着姿の美女3人に美術館怒る、... 受験生約3300人が影響<セン... >>