でっち上げはもとより:<シー・シェパード>ギル号沈没は自作自演 元船長が暴露

敗戦国で大戦の帝国が世界一のお金持ち、

鯨やいるかを捕獲して食う。

野蛮な国だ。

こういうストーリーを

証明するためにシナリオをつくって

自作自演か?

以下Excite エキサイトご提供毎日新聞ミュース記事引用提示
================================
2010年10月7日 21時34分 (2010年10月7日 23時32分 更新)
<シー・シェパード>ギル号沈没は自作自演 元船長が暴露

大破したアディ・ギル号=日本鯨類研究所提供 [拡大写真] 

 【ジャカルタ佐藤賢二郎】南極海で今年1月、日本の調査捕鯨船団の調査船と衝突、沈没した反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル号」のピーター・ベスーン元船長は7日、「ポール・ワトソンSS代表の指示で故意に沈没させた」と述べ、沈没は自作自演だったと発言した。ラジオ・ニュージーランドの取材に答えた。SSは「ギル号はえい航する途中で浸水し沈没した」と主張している。

 ベスーン氏は「(ギル号の)エンジン室は無事で救出可能だった」とし、代表のワトソン容疑者=傷害容疑などで国際手配中=から「一般の人々から共感を集めるため」に沈没させるよう指示があったと証言。SSを「道徳的に破綻(はたん)している」と批判した。

 一方、ワトソン容疑者は「けん引できない状態で、判断は船長であるベスーン氏が下した」と否定した。

 日本の調査捕鯨船の調査船への艦船侵入罪などに問われたベスーン氏は今年7月、東京地裁で執行猶予付きの有罪判決を受け、ニュージーランドに強制送還されていた。

 豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)によると、ベスーン氏は南極海での反捕鯨活動への復帰をSSに求めたが、活動への不参加が執行猶予の理由の一つだったため、SS側は拒否。同氏が日本の捜査当局に対し、「妨害行為はすべてワトソン代表の指示」と「うその証言」をしたとして、6日までに一切の関係を絶った。

 ワトソン容疑者は「(ベスーン氏は)SSと不仲になったことを恨んでいる」と述べ、沈没を巡る発言は組織への報復と反論した。

by hilo-hal | 2010-10-08 07:16 | Journal  

<< りょうどもんだいありか?岡田幹... 炭火焼・網焼き禁止!「ロース」... >>