天に唾する?武富士が更生法申請へ=「過払い利息」業績圧迫

お金に困っている人々から高い金利をむさぼってきたが、

放漫経営でもうけを食い尽くしてきた武富士

ドイツでは10%以下(年利)米国でも17%以下という金利

日本の消費者金融会社は20%~29%もの高利をむさぼってきた。

大きな利益を内部留保しておれば、何とか乗り切れたはずだ。

派手な宣伝、いろんなイベントのスポンサーとか無駄使いが多かった放漫経営

ここで法のもとに更正して頂こう。

以下Excite エキサイトご提供時事通信記事引用提示
================================
2010年9月27日 09時46分
武富士が更生法申請へ=「過払い利息」業績圧迫−返還金カット避けられず

消費者金融大手の武富士は27日、東京地裁に近く会社更生法の適用を申請する方向で最終調整に入った。写真は創業者の武井保雄氏の写真が飾られた武富士本社玄関前に集まった報道陣(27日午前、東京都新宿区) 【時事通信社】

[拡大写真]

 消費者金融大手の武富士は27日、東京地裁に近く会社更生法の適用を申請する方向で最終調整に入った。過去に借り手から受け取った、利息制限法の上限金利を超える「過払い利息」の返還請求がここ数年で急増し、業績を圧迫。資金繰り難に陥り、自力再建を断念した。法的整理で債務を圧縮して支援先を探し、早期の再建を目指す。

 東京商工リサーチによると、負債額は約4336億800万円。未請求の過払い利息を含めると、さらに膨らむ可能性が大きい。最高裁は2006年、利息制限法の規定を上回る「グレーゾーン金利」を貸金業者が受け取ることを事実上認めない判断を示した。これを機に、支払った超過利息の返還を請求する借り手が急増。業界全体の返還負担額は09年3月期までの3年間だけでも2兆4000億円前後に上り、各社の経営を圧迫していた。

 法的整理に入ると、借り手に本来返還される過払い利息は通常、削減される。07年9月に民事再生法の適用を申請したクレディアのケースでは原則として6割カットだった。今回も大幅カットは避けられず、借り手などから批判を浴びそうだ。

 武富士は昨年末以降、新規の貸し付けをほぼ停止。保有不動産や貸付債権の売却を進め、手元資金の確保に努めてきた。ただ、6月の改正貸金業法の完全施行で、融資が顧客年収の3分の1以下に制限されたことも大きな制約となり、業績回復の見通しは立たなかった。 

by hilo-hal | 2010-09-27 12:00 | Journal  

<< 推定無罪 押尾被告 執行猶予か... 「また釣魚島に行く」=釈放さ... >>