名医揃って手術ミスで陸自隊員死亡=別の血管にクリップ―自衛隊横須賀病院

名医もミスをする。

名医が揃っているとミスがある。

誰かがきちんとしていると信頼感が却ってあぶない。

名医でないという確信があれば気をつけるだろうか?

以下Excite エキサイトご提供時事通信記事引用提示
==============================
2010年9月19日 18時49分
手術ミスで陸自隊員死亡=別の血管にクリップ―自衛隊横須賀病院

 自衛隊横須賀病院(神奈川県横須賀市)は19日、陸自の男性隊員に対する動脈瘤(りゅう)手術でミスがあり、隊員が死亡したと発表した。県警は業務上過失致死の疑いがあるとみて、捜査を始めた。

 病院によると、死亡したのは、陸自久里浜駐屯地所属の1尉(44)。左椎骨(ついこつ)の動脈の一部に解離性動脈瘤が見つかり、今月15日、血の流れを止める手術をした。術後、麻酔が切れても意識がはっきりしなかったため、不審に思った医師が検査したところ、誤って別の血管を金属クリップで留めていたことが発覚した。

 血液が脳に十分流れない状態になっており、16日に再手術したが、意識は戻らず、18日午後10時ごろに死亡した。

 1回目の手術には医師4人が立ち会ったが、誰もミスに気が付かなかったという。 

⇒http://www.excite.co.jp/News/society_g/20100919/Jiji_20100919X948.html

by hilo-hal | 2010-09-20 07:56 | Journal  

<< 武装強盗、ホウキを持った女性に... 岡田・前原で人気盛り返し?菅改... >>