【ヒラリー・クリントンの本音】?

週刊アカシックレコード080831■
 を読むと下の記事があった。
 皮肉と揶揄が入り混じっている
--------------------------------------------
【ヒラリーのホンネ】
え、共和党の副大統領候補がオンナ!  ーーー中略ーーー
冗談じゃないわよ。 ーーー中略ーーー
任期中にポックリ逝ったら、あの女が合衆国史上初の女性大統領じゃない?
ーーー中略ーーー
それにしても、このオンナ(サラ・ペイリン・アラスカ州知事)子供5人も産んだの!? よっぽど好きなのねえ。ウチのダンナみたい。
--------------------------------------------

  こういう軽く笑い飛ばす記事がかけたらネット・ジャーナリストは人気が出るだろう。
 政治家はこうして茶化されて行く。

  ただサラ・ペイリン・アラスカ州知事の最後の子供はダウン症だという。それを考えると気になる表現だとも思える。
c0165840_562818.jpg

 
写真:Leipzig Gewand Hausの外部からWall Artを撮影(1999年9月19日夜)
[PR]

# by hilo-hal | 2008-09-01 05:07 | 国際  

明石書店の石井昭男社長がアジアのノーベル賞マグサイサイ賞受賞

深夜ラジオ(NHK)を聴いていたらc0165840_441535.jpg明石書店の石井昭男社長がアジアのノーベル賞と言われるマグサイサイ賞を受賞したという。明石書店は部落差別問題や在日韓国朝鮮人差別問題をモチーフに数多くの出版を行ってきたという。創業30年の努力。

 風に吹かれてというように人は時代に流されて生きていく、あるいは生かされて行く。

彼もちょうど時代が要求していた差別問題をモチーフにできたのだと筆者には思われる。

 1980年は写真週刊誌Focusが出て、写真の時代といわれ、筆者が勤務していた写真通信社でも出版のブームに乗っていた。

 明石書店はちょうどそういう時期に部落差別問題や在日韓国朝鮮人差別問題をテーマにした本を次々出版して成功を収めて行ったであろう。

 1960年代から続く高度成長、1980年代日本はバブル経済に突入、好景気に沸いていた。

 1990年代になり、バブルがはじけて不況期にも明石書店は日本・アジアの差別や交流に目を向け、話題になる本を出版し続けた。

 21世紀になり、本や雑誌がネットの影響下、読まれなくなる傾向の中でも意欲的に差別や交流に目を向け、日本・アジアの相互理解に努力してきたことへの評価でマグサイサイ賞受賞。

 『 50年の歴史ある賞で日本人で23人目。78年に設立した「明石書店」の社長として、差別や人権の問題をテーマに約3000冊の本を出版してきたことが評価された。

 兵庫県明石市の家の近くには被差別部落や在日朝鮮人の居住地域があった。朝鮮人の「ばかにするな。同じ飯を食ってどこが違う」との叫びが今も耳を離れない。差別は身近に意識せざるをえない問題だった。』(毎日jp)

 出版不況といわれる中での出版社社長の受賞、粋なマグサイサイ賞選考委員の計らいに脱帽。

四国新聞(共同)毎日jpそして藤岡駐在員のブログが参考になる。

 写真は脳の写真で記事とは特に関係ありません。

K.Ishikawa
[PR]

# by hilo-hal | 2008-09-01 04:46 | 映像と文化  

Sankeiのモスクワ支局長・佐藤貴生氏 屈辱晴らしたい露の心理との記事

Sankeiの佐藤貴生モスクワ支局長・屈辱晴らしたい露の心理との記事

 ゴルバチョフの解党主義というかソ連はむちゃくちゃになり崩壊、多くの男性は自由のない社会主義を嫌い、貧乏でもよいと自由を手に入れた。しかし、ロシアはウクライナから反抗を受けて、NATOは攻勢をかけてきた。

 米国のミサイル防衛システムは次第にロシアに近づき、 米国のミサイル防衛システムは次第にロシアに迫り、グルジアにまで接近。

 原油高でさらに豊かになったロシア、天然資源は豊富、もはや貧乏国でない。比較的仲の良い中国とも手を携えると強国である。

突出した覇権国である米国、調子に乗りすぎて、経済も疲弊、仲の良いグルジアを守りきれるか?足もとを見たロシアはグルジアをNATOの戦略にそのまま乗せたくない。ウクライナもしかり。

 冷戦のころケネディとフルシチョフの葛藤を思い出す。すぐ近くのCubaに核ミサイル基地ができる。戦々恐々となった米国、核戦争も辞さないとソ連を脅かして勝った。
 プーチン首相はそのころ子供だったが記憶はあったのだろか?グルジアやウクライナに核ミサイル基地ができることを許さない気持ちは理解できるように思える。おそらく北朝鮮に核ミサイル基地ができるのを許さない中国や日本も気持ちも似ているといえるだろう。

 Sankieのモスクワ支局長・佐藤貴生氏の記事・コメントは理解の一助になるだろう。

      K.Ishikawac0165840_7361595.jpg
写真は記事内容と特に関係ありません。1999年秋独旧東ドイツの町で

More
[PR]

# by hilo-hal | 2008-08-31 07:37 | 国際  

ロシア大統領声明 欧米諸国と国交断絶も辞さない覚悟?

NHKがラジオ放送で繰りかえし、EU諸国と国交断絶も辞さない覚悟とロシア大統領声明が出ているという。

 米国もロシアの南オセチア自治州等の独立声明に強く抗議している.。

 南オセチア自治州等の独立を後押ししているロシア。

 原油や天然ガスの豊富なロシアが東欧、欧米諸国が同時経済不況であえいでいるところへ追い討ちをかけて揺さぶり、有利な停戦協定を導くのが狙いに見える。

 WTO脱退もほのめかして、資本主義経済ににどっぷり使っているロシアが常軌を逸した揺さぶりをかけている。

 グルジアを取り込まんとしている米国とロシアの駆け引きが展開されるのを見つめよう。弱体化しつつある米経済、そこでどう軍事的威圧力を発揮できるか?

 一方でロシアは下がりかけている原油価格が今度の声明で高騰することをねらい、豊かな経済力を味方にする目論見があると見る。   

 国連がどう力量を発揮するかそれが肝心であろう。 K.Ishikawa
c0165840_7413068.jpg


この筆者の記事内容と比べて少し前のネット情報だけれど、米大統領、露議会のグルジア2自治州独立決議に「深い懸念」(Yomiuri Online)
[PR]

# by hilo-hal | 2008-08-26 11:24 | 国際  

先頭に立つ福田首相、被爆国日本は核廃絶の責務と使命を帯びている

 無差別殺戮核実験から63年 Remember Hirosima!

今朝、原爆の日記念式典 福田首相も出席

「今後も非核3原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて国際社会の先頭に立っていくことを誓います」と誓いの言葉を述べたという。

  被爆した人々の平均年令が75才を越え、老齢が目立つ、式典参加もしんどい人が増えてきた。

  被爆者の63年間の苦労は表現し尽くせぬところがあるのは当然。精神的にも苦痛の極で、たえてこられたことでしょう。精神的病の問題は十分研究されていなく、まだこれからの問題だという。

  しかし、北朝鮮が核保有国になり、核は禁止どころか核武装は一層広がりつつあるのは嘆かわしい。石や木材よりは、青銅、青銅よりは鉄、武器は強固になり、ダイナマイトなど爆発物が戦争に多用され、ついには核爆弾。

   日本は最初の被爆国になった。日本の悲願、武器としての核の廃絶。
   原爆の被爆国日本は核廃絶の責務と使命を帯びている。それこそ被爆の犠牲者への哀悼の誠というべきだろう。
  
      福田康夫首相、代表でがんばって下さい。
c0165840_17425176.jpg

写真はHilo, 記事内容と関係ありません。
[PR]

# by hilo-hal | 2008-08-06 14:17 | テロとの戦い