<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

一桁上の日本のパワー これは今も続いている?

19世紀に米国のベラミーは『Looking backward』*を著して100万部

売れて初めての100万部超えの記録という。

日本では同じころ福澤諭吉の『学問のすすめ』は1000万部を売ったという。

これを見てもジャパンアズナンバーワンともいうべき桁外れの日本のすごさがわかる。

これは『ユートピアの歴史』という本で知った。

国会図書館で新刊本として展示のものを読んで

More
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-25 01:34 | 映像と文化  

 日本近代音楽史とMozart (西洋音楽受容史)

『モーツアルトと日本人』(平凡社新書)

 日本近代音楽史とMozart (西洋音楽受容史)

とてもおもしろく読み進めています。

筆者の関心を十二分に満足させる内容で超満足。

F.Jさんも読まれた由、

ご感想をもう少し詳しくお聞きしたらよかったと反省しきり。

==============
118 71 55 04:35 血圧測定値
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-19 04:38 | 文学・芸術・教養  

本所深川ふしぎ草紙 片葉の芦をよむ (宮部みゆき短編小説集)

本所深川ふしぎ草紙 片葉の芦をよむ (宮部みゆき短編小説集)

バランス感覚がある人助け・援助の問う?内容

繁盛する鮓屋の、あまりご飯を捨てる近江屋藤兵衛 

娘はみすみす捨てるは良くないと猛反発

 食えない人がたくさん居る江戸 

 父親に隠れても腹を空かして子たちを恵もうとする娘の美津

 余った酢飯を親父に内緒であげるよというしるしに
窓辺に片葉の芦を掲げで合図とする娘の美津

 それを敢えて阻止する父藤兵衛 彼は当座のめしをめぐむのでなく、
子たちが自律する道を娘に隠れて追及する 

それは娘の当座の慈悲へのプレッシャーからくる反発か?
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-18 05:33 | 教育・社会  

現代のキリストか釈迦か 村上春樹氏はある意味で聖者では?

世界の大多数を救おうという聖者 それは村上春樹氏か

村上ラヂオという単行本で、村上氏は
 『僕はたしかに馬鹿だし、嘘つきだ。自分勝手で、頑固で、それでいて移り気で、短気で、無神経で、教養が乏しく、洗練されていない。都合の悪いことはすぐに忘れちまうし、意味のないくだらない冗談も言う。強調性ゼロ。人間が浅く、考えの内容は薄い。小説だって読み直してみるとずいぶん下手だ。うーん、もちろん、「多かれ少なかれ」という注釈はつくにせよ、こうしてリストアップしてみると、つくづく生きている価値のない人間みたいに見えてくるなあ。あと人間欠陥の余地として残っているのは、ある中と幼児虐待と靴下フェチくらいなものじゃないか?』
と書いている。

  こういう言葉は多くの人を掬う言葉ではないか?

 見当違いの褒め方は人をもっとも傷つけるとも,流行作家のHaruki Murakami氏は書いている。

敢えて誉めれば
氏はある意味で 十字架上のキリスト
            3年石の上の修行中の釈迦

  を思わせる。 根無し草のように、今を生きる人々を救おうという聖者なのだろうか?
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-11 02:23 | 文学・芸術・教養  

2020年東京五輪決定 おめでとう!

初めての開催になるイスタンブールが強いと思っていたが、
我が国の首都に決定!

しかし
まだ喜ぶのははやい
成功させて初めて喜ぶべきだ!
1964年のときは戦後19年後
侵略戦争を反省した日本
2020年は
原発の安全神話を反省した日本があるべきだろう!
とにかく一応 おめでとう!
以下 NHK提供記事引用提示
NHKニュース
◆スポーツ
都内の会場 集まった人たちから歓声


東京が1位で最終投票に進むことが決まったことを受けて、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園の体育館では、集まった人たちから歓声が上がりました。
09/08 05:04
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-08 05:37 | スポーツ  

半沢直樹の最新作 “敵役”モデルに「前原」「蓮舫」元大臣

山崎豊子の

日航をモデルにした
小生も
架空だとことわっているが

実際は日航しかありえない。

このドラマも同じ手法で言いつくろう

「前原」「蓮舫」元大臣は
訴えないどころか

内心歓迎?

以下 Exciteご提供記事引用提示
半沢直樹の最新作 “敵役”モデルに「前原」「蓮舫」元大臣
ゲンダイネット 2013年9月7日 10時26分 (2013年9月7日 18時04分 更新)

<永田町で話題>
 ドラマは今月限りだが、池井戸潤の原作小説「半沢直樹シリーズ」はまだ続く。現在「週刊ダイヤモンド」で、シリーズ最新作「銀翼のイカロス」が連載中だ。この作品、「登場人物のモデルはあの人?」と永田町でも注目を集めている。

参考→『小説沈まぬ太陽』
日本航空が山崎豊子氏に脅迫まがいの文を送る?!
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-07 19:08 | 映像と文化