<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

原発事故  水道橋博士、石原良純、星野仙一、弘兼憲史、茂木健一郎ら有名人は

エンタメ総合 - エキサイトニュース

水道橋博士ほか、石原良純、星野仙一、弘兼憲史、茂木健一郎ら。

お金で動く連中だと非難するのだろうか?

安全神話の下、十分な情報もなく推進派になびいたのは致し方がない。

とは云え、反省はあってしかるべきだろう。
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-28 00:12 | Journal  

原子力と共生、敦賀市は河瀬氏5選 脱原発訴える候補なく

貧しい日本海の"まち” 敦賀

原発のお陰で"銀座"とも表現される。

候補の4人とも

反原発はいない。

福井県はどうなるのか?

"Fukushima"にならないよう

最大限の努力が期待される。

以下エキサイト提供記事引用提示
----------------------------
原子力と共生、敦賀市は河瀬氏5選 脱原発訴える候補なく -政治 - エキサイトニュース
 増設計画中の敦賀原発や高速増殖炉原型炉もんじゅを抱える福井県敦賀市の市長選は24日、現職河瀬一治氏(59)=自民推薦=が、元市議渕上隆信氏(50)、元市議会議長岡本正治氏(63)、敦賀短大教授多仁照広氏(63)の3新人を破り5選を果たした。福島第1原発事故を受け、原子力政策が論戦の焦点となったが、脱原発を訴える候補はなく、4氏とも「原子力との共生」を主張。公約に掲げる原発の安全対策にも大きな違いはなかった。
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-25 01:33 | Journal  

がれき撤去後、放射線量低下 東電、汚染マップを公表

以下エキサイト提供記事引用提示
----------高レベル汚染がれきが散乱しているのは危険だ。
汚染がれきを被害が及ばないところへ撤去すれば、がれきがないところでは線量は低下するだろう。だが、撤去先が問題では?
堆積された高レベルがれき、
どこへ埋めるのかが問題となるのは明白。
--------------------------
科学・環境 - エキサイトニュース
がれき撤去後、放射線量低下 東電、汚染マップを公表
2011年4月24日 15時32分 (2011年4月24日 15時52分 更新)

 福島第1原発事故で、東京電力は24日、建屋周辺で放射線量を計測し、作業員に情報提供している「汚染マップ(サーベイマップ)」を公表。明らかになったのは23日午後5時20分までのデータを記載したマップで、3号機近くで20日に見つかった毎時900ミリシーベルトの高線量のがれきが撤去され、付近の線量が低下したことが分かる。20日夜のデータと比較すると、3号機西側の消火系配管付近にあった900ミリシーベルトのコンクリート片が撤去(21日)され、付近の線量は70ミリシーベルトに低下。しかし3号機の周りは依然、高い線量が続いており、300ミリシーベルトのがれきが残っているほか、3〜60ミリシーベルトの場所が多数確認されている。東電は遠隔操作の重機でがれきの撤去を続けているが、完了まで半年程度かかる見込み。
→http://www.excite.co.jp/News/science/20110424/Kyodo_OT_MN2011042401000304.html
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-24 18:43 | Journal  

 「役場に婚姻届を取りに行こう」 ボランティア女性 現地で婚約

災害救助のボランティア 
復興へと愛を育む
力強い
応援だ!
これぞ真の復興への第一歩!
以下エキサイトご提供記事
一部筆者変更
ーーーーーーーーーーーーーー
  被災地でボランティア女性婚約

東日本大震災の大津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の避難所で愛を育んだカップルがいる。町立志津川小で避難生活を送る阿部誠輝(せいき)さん(42)と、奈良県生駒市からボランティアに駆け付けたマナー講師、村上希望(のぞみ)さん(28)。16日に婚約。お互いの両親にあいさつした後、同町役場に婚姻届を提出する予定だ。「これからの町の歩みと同じ。ゆっくりでもこの町で一緒に頑張って歩んでいきたい」。2人は歩調を合わせ、新たな人生に踏み出す。【泉谷由梨子】

 「役場に婚姻届を取りに行こう」

 阿部さんが申し出たのは、村上さんが帰宅する予定の16日。避難所で思いを告げた。村上さんの返事はイエス。2人はその足で津波で流された後に設置されたプレハブの町役場に行き、婚姻届をもらった。「職員はとても驚いていた」(阿部さん)

 阿部さんは消防団に所属。3月11日の巨大地震後、勤務先の鮮魚店から高台に一度避難した後、再び海岸沿いに戻り消防車で避難を呼び掛けた。大津波が町を襲う瞬間も目撃。消防車の後ろ1メートルまで津波が迫ったが、どうにか逃げ切った。避難所では炊き出しの手伝いなどをこなす。

 一方、村上さんは3月26日にボランティアとして避難所を訪れた。「阪神大震災で父親がボランティアに行った姿が目に焼き付いている」。水くみやまき割りに加え、妊婦に必要な物を調達するなど気遣いが光っていた。

 2人はいつしか会話するようになり、阿部さんは「一生懸命に皆のことを考えてくれる村上さんの姿にひかれた」。村上さんは「こんな時だからこそ、お金や物ではなく正義感や責任感が強い彼の姿が見えた」。「もう会えなくなるね」という何気ない阿部さんの一言も背中を押したのかもしれない。思わず「私、来てもいいよ」と答えていた。2人の間で結婚が現実味を帯びていった。

 ただ、生活基盤は不安定だ。阿部さんが働いていた鮮魚店は津波で流失。そして阿部さんには「がれきだらけの町に呼びたくなかった」との迷いもあった。でも「村上さんが『この町はいい所。来てもいいよ』と言ってくれて腹をくくった。一緒にがんばろうと決意できた」。

 村上さんはシングルマザー。長男の優之介君(5)と一緒にこの町で暮らすことを決め、こう話した。「先のことは分からない。でも(阿部さんは)一緒にがんばってくれる人だから大丈夫」

 何もかも失われた町で新たな生活を築こうとしている2人を祝福しようと、被災者らは避難所で結婚式を挙げてもらおうと計画している。

写真拡大

避難所で愛を育み、婚約した(右から)村上希望さんと長男の優之介君、阿部誠輝さん=宮城県南三陸町立志津川小で2011年4月22日、泉谷由梨子撮影 記事本文
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-24 08:38 | Journal  

楢葉町、警戒区域を誤設定 山中であやまちは動物には不明

山中を誤って警戒区域としても動物や生物には分からない。
「緊急時避難準備区域」としても非人は不明だだろう。
-楢葉町、警戒区域を誤設定 2011年4月23日 00時17分政治 - エキサイトニュース

エキサイト提供記事引用提示
----------------------------
楢葉町、警戒区域を誤設定
2011年4月23日 00時17分

 福島第1原発の事故をめぐる警戒区域の設定に関して、経済産業省原子力安全・保安院は22日、福島県楢葉町が誤った地区を警戒区域に設定していたと明らかにした。政府は楢葉町に、原発から20キロ圏内にある地区を「警戒区域」、それより遠くは「緊急時避難準備区域」とするよう指示していたが、町は誤って町内全域を警戒区域に設定。町は同日夜、指示に沿った形に修正した。修正された地域は山中で影響はないとみられる。
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-23 03:16 | Journal  

桂で夜景が撮れるのはうらやましい

桂で夜景が撮れるのはうらやましい
昨日 京都 桂の林さんから電話をもらってブログを作られたということを
知った。
写真と読書
抑え気味の味のあるブログだ。
これから楽しみで、時々のぞいてコメントしたい。
桂で夜景が撮れるのはうらやましい。
----------------------------------------------------
京都 桂 林堂
http://moonkatura.exblog.jp/
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-20 10:49 | 映像と文化  

放射性ストロンチウムを検出=原発30キロ外、福島6市町村―文科省

浪江町と飯舘村 ”1キロ当たりストロンチウム89が最大260ベクレル、同90が最大32ベクレルだった。

原発30キロ外、福島6市町村

不安だろう。

農業はやっていくきがしないのでは?

放射能と癌

どちらもまだにんげんのコントロールしがたいものだ。

以下exciteご提供時事通信記事引用提示
-------------------------------
放射性ストロンチウムを検出=原発30キロ外、福島6市町村―文科省

2011年4月13日 00時43分

 福島第1原発の事故で、文部科学省は12日、福島県でサンプル調査をした結果、土壌と植物から放射性ストロンチウム89と90が検出されたと発表した。同省によると、事故をめぐりストロンチウムが検出されたのは初。

 同省は3月16〜17日、第1原発の30キロ圏からやや外にある福島県浪江町の2カ所と飯舘村の1カ所で採取した土壌を分析。1キロ当たりストロンチウム89が最大260ベクレル、同90が最大32ベクレルだった。

 大玉村、本宮市、小野町、西郷村で19日に採取された植物も分析。1キロ当たりストロンチウム89が最大61ベクレル、同90が最大5.9ベクレルだった。サンプルの植物は食用野菜ではないという。

 ストロンチウムは、カルシウムと似た性質を持ち、人体に入ると骨に沈着し、骨髄腫や造血器に障害を引き起こす恐れがある。ストロンチウム90は半減期が約29年と長く、過去の核実験の際に飛散し問題となった。同89は半減期が約50日。 ⇒http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110413/Jiji_20110413X815.html
[PR]

by hilo-hal | 2011-04-13 02:34 | Journal