カテゴリ:文学・芸術・教養( 15 )

 

≪ディランさん 受賞決定後初ライブで文学賞を語らず≫という記事

ボブ・ディランさんはトルストイと同様

実は受賞拒否したい気持ちもあったのかと疑うのです。

何故かといいますと、コンサートでも唱い、演奏するだけで

ノーベル賞受賞に言及しなかったという。

ノーベル文学賞の権威が疑われるケースは多い。

ノーベル文学賞の権威のパワーアップを狙ってボブ・ディラン氏に授賞しようとしたのかと

疑う。

実はボブ・ディラン氏はノーベル文学賞を超えた存在と確信します。

以下参照ニュース記事
NHKニュース
◆科学・文化
◆国際
ディランさん 受賞決定後初ライブで文学賞を語らず

ことしのノーベル文学賞の受賞者に選ばれたアメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディランさんが、受賞決定後、初めてとなるライブをアメリカ・ラスベガスで行い、多くのファンが訪れましたが、会場では本人からのコメントは一切ありませんでした。
10/14 16:55 http://k.nhk.jp/knews/20161014/k10010730061000.html
ニュース・トップへ http://k.nhk.jp/knews/index.html
[PR]

by hilo-hal | 2016-10-15 01:12 | 文学・芸術・教養  

現代音楽を代表する作曲家 ブーレーズ氏死去

アルノルト・シェーンベルク
オリヴィエ・メシアン
カールハインツ・シュトックハウゼン

上記の作曲家を想起すると
ブーレーズ氏も
思いだす人は少なくないだろう

ストラヴィンスキーの『春の祭典』の名指揮振りは
忘れられないのは筆者だけだろうか?

以下参考ウエッブ記事
NHKニュース
◆文化・エンタメ
◆国際
現代音楽を代表する作曲家 ブーレーズ氏死去

現代音楽を代表するフランスの作曲家で世界的な指揮者としても知られるピエール・ブーレーズ氏が5日、ドイツで死去しました。90歳でした。
01/07 07:41
http://k.nhk.jp/knews/20160107/k10010363721000.html
ニュース・トップへ
http://k.nhk.jp/knews
[PR]

by hilo-hal | 2016-01-09 00:36 | 文学・芸術・教養  

パトリック・モディアノ 2014年ノーベル文学賞受賞

パトリック・モディアノ
ウエッブ百科のwikipedia
でパトリック・モディアノの経歴を見ると2014年ノーベル文学賞
受賞となっている。さすがウエッブ事典 

村上春樹の受賞は数年先か?
=========
Patrick Modiano
誕生 1945年7月30日(69歳)
フランス、オー=ド=セーヌ県
小説家、脚本家
主な受賞歴
アカデミー・フランセーズ賞(1972)
ゴンクール賞(1978)
オーストリア国家賞(2012)
ノーベル文学賞(2014)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞 受賞年:2014年
パトリック・モディアノ(Patrick Modiano、1945年7月30日 - )は、
フランスのパリ近郊オー=ド=セーヌ県ブローニュ=ビヤンクール生
まれの作家。歌手のマリー・モディアノは娘である。
 ある人物や自己のアイデンティティなど、何かを探し求めるという作
品が多い。ミステリー的要素を含んだ物語と叙情的な文の運びから、
フランスでは「モディアノ中毒」という言葉があるほど人気が高い。20
14年ノーベル文学賞受賞。
              略歴
1945年、パリ近郊ブローニュ=ビヤンクールで生まれる。
1972年、『パリ環状通り』でアカデミー・フランセーズ大賞を受賞する。
1974年、『ルシアンの青春』がルイ・マルによって映画化される。
1978年、『暗いブティック通り』でゴンクール賞を受賞する。
1994年、『イヴォンヌの香り』がパトリス・ルコントによって映画化される。
[PR]

by hilo-hal | 2014-10-09 20:30 | 文学・芸術・教養  

 日本近代音楽史とMozart (西洋音楽受容史)

『モーツアルトと日本人』(平凡社新書)

 日本近代音楽史とMozart (西洋音楽受容史)

とてもおもしろく読み進めています。

筆者の関心を十二分に満足させる内容で超満足。

F.Jさんも読まれた由、

ご感想をもう少し詳しくお聞きしたらよかったと反省しきり。

==============
118 71 55 04:35 血圧測定値
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-19 04:38 | 文学・芸術・教養  

現代のキリストか釈迦か 村上春樹氏はある意味で聖者では?

世界の大多数を救おうという聖者 それは村上春樹氏か

村上ラヂオという単行本で、村上氏は
 『僕はたしかに馬鹿だし、嘘つきだ。自分勝手で、頑固で、それでいて移り気で、短気で、無神経で、教養が乏しく、洗練されていない。都合の悪いことはすぐに忘れちまうし、意味のないくだらない冗談も言う。強調性ゼロ。人間が浅く、考えの内容は薄い。小説だって読み直してみるとずいぶん下手だ。うーん、もちろん、「多かれ少なかれ」という注釈はつくにせよ、こうしてリストアップしてみると、つくづく生きている価値のない人間みたいに見えてくるなあ。あと人間欠陥の余地として残っているのは、ある中と幼児虐待と靴下フェチくらいなものじゃないか?』
と書いている。

  こういう言葉は多くの人を掬う言葉ではないか?

 見当違いの褒め方は人をもっとも傷つけるとも,流行作家のHaruki Murakami氏は書いている。

敢えて誉めれば
氏はある意味で 十字架上のキリスト
            3年石の上の修行中の釈迦

  を思わせる。 根無し草のように、今を生きる人々を救おうという聖者なのだろうか?
[PR]

by hilo-hal | 2013-09-11 02:23 | 文学・芸術・教養  

つつじ咲く  天上尾根道  二輪行

最近軽い熱病にかかり、

何日も寝て夢うつつという時間を過ごした。

ふと季節外れの 

うたや句が浮かんでは消える

という状態が続く日であった。

 ジャーナリスト・ネットの片山通夫氏のコラム・風「春まだ浅く…」と

豊里知行の「蜂(はち)の腹」という

みずみずしい感性の記事に触発されて、

ふと夢うつつに句作したものを

ここに披露させていただく。


雪降るも
     頭脳乱れし
            水疱瘡

蓮華花 
    探し求めて 
          墓地につく


つつじ咲く
     天上尾根道
           二輪行


読みつかれ 
      佐保川見れば 
            枯れ桜


暖好む
    齢なれども
          寒求む


震えつつ
     空冷駆って
           那智滝へ


ジャーナリスト・ネット併載
[PR]

by hilo-hal | 2013-03-19 05:36 | 文学・芸術・教養  

三浦しをん著『舟を編む』を読んで印象に残ったところ!

言葉は権力が押し付ける面と

民衆がおのずと織りなす面と両面がある。

新大陸アメリカではインディアンという現地の人々の言葉を奪い

ほとんど全てをうばっていく。

英国ではフランスにロンドンを抑え込まれ、言葉は大いに影響を受けた。

英語のうち文化的な経済的な多くの言葉がフランス語かfらもらった。

日本は台湾や韓半島で日本を押し付けようとして

政治・経済用語や学問的用語は残ったが大和言葉は戦後は多くは忘れられていった。

日本語が良くできた人々は比較的親日的で

今では近代韓国再建の英雄とさえいわれるることもある朴大統領もそうだった。

彼は日本の士官学校をでていた。

古典かなづかい論者の英文学者で保守的評論家の福田恒存氏と深い親交があった。

三浦しをん著『舟を編む』を読んで印象に残ったところ!
P226
「言葉は、言葉を生みだす心は、権威や権力とはまったく無縁な、自由なものなのです。また、そうあらねばならない。自由な航海をするすべてのひとのために編まれた舟。『大渡海』がそういう辞書になるよう、ひきつづき気を引き締めてやっていきましょう」松本先生の口調は淡々としていたが、そこにひそむ情熱は、波のように馬締の胸に迫ってきたのだった
[PR]

by hilo-hal | 2012-10-11 04:57 | 文学・芸術・教養  

釈迦 瀬戸内寂聴 朗読 榎木孝明 朗読のお声は甘美そのものだ!

釈迦の晩年 最後を描いていて絶妙

朗読は天才的な榎木孝明さん

すばらしい声 内容を十全に伝える朗読

おもわず 絶妙だと感嘆。

釈迦最後の遺言

今を生きよ!

生は美しく、

甘美そのものだ!

というようなお言葉だった。
[PR]

by hilo-hal | 2012-02-10 06:28 | 文学・芸術・教養  

京都 星野画廊で聴いた音色

いい音を聴くにはどんな部屋がベスト? | Excite エキサイト

 部屋がやや広いことは基本で大事、

 また天井がやや高く、、壁がコンクリートのような大変硬いものでないこと、

 壁面も木材やクロスであること、

 絵や本が多い部屋ならきっといい音がするだろう。

 京都の岡崎の神宮前の三条よりにある画廊、星野画廊で聞く、室内楽、バイオリンやチェロの音色が心地良い。

 部屋が広く、ロマンを感じさせる素晴らしい多くの絵が掛かっているせいか?

 とても音色がすばらしい。

 木製の見かけも良いスピーカーは

 サンスイ製のもので

 ごく小さな壁掛け用(おそらくサイズはぱっと見で、縦20cm 横10cm、奥行き10cmくらい)。

 訊くと音源は有線ラジオだそうだ。

 アンプも有線のもの。

 筆者は欲しくなって、いろいろ調べている最中、

 有料放送であるMusic Birdは音源が最高のようだ。

 CSデジタルで音楽ラジオがある。

 これが一番手っ取り早く安いとコジマは勧める。

 迷うところだ。

 部屋もなんとか本棚を替えたりして、模様替えをすると

 星野画廊のような音色に近づけるだろうか?

 管球式のアンプ、英国製のスピーカ-で聴くとやや星野画廊で聴いた音色に近づく。
 
[PR]

by hilo-hal | 2010-01-07 04:51 | 文学・芸術・教養  

オランダ映画 フリーチェさん 写真&映像と真実 西欧と日本

オランダ映画 フリーチェさんを見て

写真&映像と真実 

西欧と日本

上野竜間とベアトとの比較

日本人の個を出さない心

西欧人の主体性のある個人主義

洋服と和服

畳の生活と

マットの生活

靴とぞうり 下駄

いろいろ対比を考えさせられた。
[PR]

by hilo-hal | 2009-11-07 07:14 | 文学・芸術・教養