一回連続48時間戦闘 病死が多く 無理があった!

各 位


 これこそ東大卒の美形女性新人社員自死事案から始まった問題。

 安倍宰相の解決努力目標。

 一日何時間くらい働けるか?

 日露戦争では日本兵は一回連続48時間戦闘で、

 その後一日の休息ということで

 戦闘で死ぬ兵も多いがもっと多いのは病死だった。

 兵には白米を食べさせてビタミン不足という面もあった。

 病死対策には胚芽米や玄米の方が良かったはず。

  さて、

  自死した東大卒新人は”お前の成果情けないない”という

 いじめでの自死ではないかとも思う。単なる長時間労働でなかったはず。


 いくら検討しても日に24時間以上は労働できない。日露戦争の戦闘には無理があった。


 さてもういちど問う!

 連続戦闘の限界時間は?

 戦闘のケースでも連続36時間位が限界か?

以下参照ウエッブニュース記事
NHKニュース
◆暮らし
時間外労働の上限 経団連と連合のトップが会談へ

政府が導入を目指している罰則つきの時間外労働の上限をめぐって、経団連の榊原会長と連合の神津会長が、来週27日にも会談する方向で調整していて、企業の繁忙期の上限などで妥協点を見いだせるかが焦点となっています。
02/24 04:18⇒http://k.nhk.jp/knews/20170224/k10010888211000.html
ニュース・トップへ⇒http://k.nhk.jp/knews/index.html
[PR]

by hilo-hal | 2017-02-24 05:18 | 放送・ネット雑感  

<< CNNテレビ ホワイトハウス出... まるで韓流ドラマ 半島 北の”... >>