中日、延長制しタイ=新人大島が決勝打―日本シリーズ第4戦・プロ野球 ジンクス?ロッテ有利?


昔、大島(現プロ野球解説者)が打って勝ったことがあるが

最後に負けて

日本シリーズを制したのはロッテだった。

ジンクスになるだろうか?

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
==========
2010年11月3日 22時59分
中日、延長制しタイ=新人大島が決勝打―日本シリーズ第4戦・プロ野球

 プロ野球日本シリーズ、ロッテ(パ・リーグ)―中日(セ・リーグ)の第4戦は3日、千葉マリンスタジアムで行われ、中日が延長十一回4―3で勝って2勝2敗とし、再びタイに持ち込んだ。

 ロッテが三回、山本昌から井口の2号2ランなどで3点を先取すると、中日も四回に森野、和田の長打などで2点、五回に1点を返して同点。今シリーズ初の延長に入り、中日は十一回2死二塁から、新人大島の三塁打で決勝点を挙げた。

 第5戦は4日、同球場で行われる。 

本文を見る⇒http://www.excite.co.jp/News/baseball/20101103/Jiji_20101103F897.html
[PR]

by hilo-hal | 2010-11-04 03:14 | Journal  

<< <北方領土>「露のシグナル見逃... 米調査「新聞、テレビは10年後... >>