<朝青龍関>飲食店男性「殴られ負傷」と警察に被害相談 謝罪は決め手

謝罪は決め手! とは誰しも思う。

優勝インタビューで

この事件にふれて

酒に酔ってという

朝青龍関の眼を見ていたが

謝罪の片鱗も無いという感じがした。

悪いのは酒なんだ。

謝罪して当分断酒謹慎すべし!

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
=====================
2010年1月28日 02時31分
<朝青龍関>飲食店男性「殴られ負傷」と警察に被害相談
 大相撲の横綱・朝青龍関(29)が初場所開催中の16日、東京・西麻布の路上で個人マネジャーに暴行したとされる問題で、暴行を受けたのはマネジャーではなく飲食店で働く知人男性だったことが分かった。男性は25日に警視庁麻布署に被害相談をしており、顔を殴られてけがをしたと主張したとみられる。男性が傷害や暴行容疑などで被害届を出せば、麻布署は朝青龍関からも事情を聴く方針。

 捜査関係者によると、朝青龍関は16日午前4時ごろ、港区西麻布の路上で、酒に酔って男性とトラブルになったという。2人はその後、乗用車で移動したが、この過程で朝青龍関に顔を殴られた男性は身の危険を感じ、たまたま交通事故の処理をしていた麻布署員に助けを求めたという。

 男性は当初、麻布署に「朝青龍関が謝罪してくれれば問題にするつもりはない」と話していた。しかし朝青龍関から謝罪がなかったため、弁護士と協議したうえで25日に麻布署に相談に来たという。男性は27日の時点で被害届を出していない。

 この問題で朝青龍関側は22日、朝青龍関がマネジャーを突き飛ばしたと説明していた。この日の取組後、朝青龍関は報道陣に「たいしたことではない」と話していた。

 マネジャーも23日、自身のブログで「横綱とは何のわだかまりもないので安心してください。少し夜中に騒ぎすぎてしまい反省です」などと書き込んでいた。

 初場所後の25日には、武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)が朝青龍関と師匠の高砂親方(元大関・朝潮)を呼び、厳重注意をした。

 高砂親方は27日、東京都内で毎日新聞などの取材に応じ、「朝青龍が仲間内で酒を飲んでいる際にいざこざを起こしたが、内輪で話はついていると聞いた。理事長にもそう話してある。相手のけがの程度については把握していない」と語った。また当初、朝青龍関側が被害者はマネジャーと説明したことについては「それはマネジャーが話したことで、私は知らない」と答えた。【古関俊樹、武藤佳正】



http://www.excite.co.jp/News/sports/20100128/20100128M50.141.html
[PR]

by hilo-hal | 2010-01-28 05:04 | スポーツ  

<< 首相、普天間の継続使用 非容認... 小沢氏の再聴取、見送りは何故?... >>