<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に 県外佐世保も?

グァム全面移転は実現困難となると佐世保移転がベターだろう。

長崎県民がおとなしくこれを認めるとは思えない。

オバマ大統領に直訴さえ行なって反対するするだろう。

民主党と政府、米軍は納得する可能性。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
========================
2010年1月25日 02時30分
<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非が争点となった24日の名護市長選は、98年以降4回目の選挙にして初めて「県外移設」派が勝利した。日米合意の「辺野古移設」案での決着の可能性はほぼ消え、鳩山政権は辺野古以外の新移設先探しを加速させるが、展望はなく、目標の5月末までに結論が得られるかは微妙だ。【西田進一郎、三森輝久、仙石恭】

ーーー中略ーーー

 市長選では「政権交代」を有権者に実感させられるかどうかがカギを握った。このため、稲嶺氏陣営の民主党衆院議員が小沢氏側近の党幹部を招いた会合を開催し、「国とのパイプ」を誇示する動きもあった。地方からの陳情を一手に引き受ける小沢氏ならではだ。小沢氏が権力を失い、政権が不安定化すれば、普天間問題を巡って指摘される政府と沖縄のすれ違いは続くことになる。



http://www.excite.co.jp/News/politics/20100125/20100125M10.144.html
[PR]

by hilo-hal | 2010-01-25 07:58 | 国内ニュース  

<< 日本縦断の旅、Twitter使... 米国のウインターリーグでの吉田... >>